⇒乳がん体験記 発見~検査~告知

乳がん体験記④マンモトーム生検

2017/07/17




細胞診の結果を受けて、次の検査へ

細胞診の結果が、「シロ」ではなかったわたし。はっきりさせるために、次の検査を受けることになりました。

細胞診検査の結果を聞いたのが金曜日、週末をはさんで次の月曜日に予約がしてありました。

前回の検査とは違い、日帰り手術扱いの検査。かなりの緊張…。手術ですので、同意書も書いてきました。

DarkoStojanovic / Pixabay

超音波ガイド下マンモトーム生検

クリニックへ着いて、早速検査をはじめました。前回看護師さんから説明書を渡されていたので、だいたいの順序は予習済みの優等生。というか、怖いからちょっとシミュレーションしちゃったよね。

①「ベッドに仰向けに寝て超音波検査をし、組織を採取する部位の確認を行います。」

その通り、先生が触診し、超音波で位置を確認していきます。ここまでは、痛くない^^;

②「次に皮膚を消毒して十分に局所麻酔をします。」

麻酔を打ちます。それなに痛い。何か所打ったかは、忘れてしまった。そして数分、麻酔が効いてくるのを待ちました。

③「皮膚を5ミリ切開し、そこからマンモトームの針を進めます。」

痛くないですよね~と言われるけど、緊張しすぎてよく分からない…。麻酔は聞いているはずだけど。このとき、わたしは左腕を上げている状態。怖くて局部は見れません。

④「針の先が組織採取部位にうまく到達していることが確認できたら、マンモトームを操作して何回か乳腺組織を採取します。このとき機器の音がしますが、麻酔が効いていますので痛みはありません。」

マンモトームというのは、こんなマシンです。

000343_02

出典:KOMPAS http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000343.html

これを刺すんです、おっぱいに~(;゚Д゚)

針の太さは3ミリとか言いますが、え、5ミリはあるんじゃないの?かなり太いような気がします。

これを、一度刺すところまではよかったんだけど、一度グサッで終わらない…。

ちょっとこっちも、こっちも、と言いながら、先生がブスブス何度も刺すんだけど、それがめちゃくちゃ痛くて。ちょっと冗談じゃないくらいの痛みだったので「痛いですー(; ・`д・´)」と大騒ぎしたら、「麻酔が効いてないかな…」なんて恐ろしい返事。そこで、麻酔をもう一本。

そして、またブスブス開始…。痛くないでしょ?っていうんだけど痛い…。ブスブス刺してる局所が痛いというより、わりと力を入れてブスブス、グリグリやるので、痛いですよ、先生~!見てないけれど、きっと少し出したり入れたりしながら位置を変えてるんだと思います。身体が揺れるくらいの衝撃です。麻酔は効いてるでしょうよ、きっと、でも痛いよー!

そして、「バチン!」という音。これが切り取るときの音みたい。けっこう大きな音がします。そして「ズルズルズル」と切ったところを吸引する音。なんとも言えない、気味の悪い音。早く終わってくれ~(;゚Д゚)。

⑤ 十分な量の組織が採取されたら検査は終了で、針を抜きます。




大騒ぎして検査は終了…。しかし、ここからがまた気まずくて…。

⑥ 10分ほど手で圧迫して、止血を行います。

血液採ったときみたいに自分で押さえるか(そんなわけない)、看護師さんがやってくれるかなと思っていたんですが、先生が10分間、傷口をぎゅーっと押さえて止血するのです。先生もそんなにおしゃべりな方ではなく、わたしも片パイ出して万歳状態。なんとも気まずくて…。先生と目を合わせないように、息が荒くならないように、ため息が出ないように、力が入りすぎておならが出ないように、いろいろ気を使いながら、長~い10分間でした。

⑦ 止血が確認できたら、切開した皮膚をテープで固定します。

⑧ 胸帯をして帰宅していただきます。

5ミリ程度の傷口なので、縫合はしません。血が出なくなるのを確認して、テープを貼って、その上からガーゼを当てて、胸帯でぎゅーっとしめて、終了…(´;ω;`)…痛かったよー。

胸帯はクリニックのもので、次回の受診のときまでに洗濯して持ってきてと言われました。

検査当日は入浴はできません。激しい運動やアルコールも禁止。傷口はテープで止めてあって、それははがしちゃいけません。あと、内出血はすると思いますとのこと。そうでしょうよ、あんなにブスブスやったんですから。

処置が終わり、看護師さんが「切ったの見ますぅ?」と聞いてきたので、「はい、もちろん」と見せていただきました。ぴろーんって、筋っぽいもの、ちょっと血もついていました。これが、乳腺なんだね。

検査結果は1週間くらいで出るそう。10日後に予約をし帰宅しました。

費用は手術費、痛み止めの処方箋料などを入れて、21,780円でした。25,000円くらいと言われていたので、少し安かったかな。日帰り手術になるので、該当する生命保険に入っていれば後日申請もできるそうです。

なめとった、マンモトーム、完敗や

はぁ。痛かったー。そして検査終わってからも痛いじゃないかー。

麻酔が切れて、ズキズキ、ズキズキと左胸半分が痛みます。3ミリの針、という言葉に、なめてたよ、マンモトーム。麻酔が効いてるから、笑ってるうちに終わると思ってたよ。思ったより、痛いし、なんか衝撃的な検査でした。

これからマンモトームという方は、ちょっとビビっちゃいますね。確かに痛い検査です。

でもクリニックによって気休めにDVD見せてくれるところなんかもあるようです。検査は大変だけど30分くらいで終わります。避けて通れない道だから、がんばって乗り切ってくださいね。

先生がおっぱい押さえている10分間に話すことなんか考えていくといいかも~(^-^;。

 




-⇒乳がん体験記 発見~検査~告知
-, , , , ,