⇒乳がん体験記 入院・手術

乳がん体験記⑳そして、退院。乳がんの入院&手術費用

2017/07/13




ドレーンを抜いた後

手術から3日目、胸の傷のところに入っていたドレーンを抜きました。管から解放されたものの、傷の内側でリンパ液が溜まっているからか、しびれや痛みがありロキソニンを飲んで就寝しました。

手術後4日目、先生の話だと明日退院です。もう、1週間です。早いな。

ドレーンを抜いた後の左胸と脇は4日目もズキズキ痛みます。看護師さんが来れば傷口も見てくれます。触って「うーん、時間が経てば吸収されると思うけど」というばかり。

こちらはこんな事態は初めてなので、痛くても不安でも、とりあえず医師や看護師さんたちの話を聞くしかありません。乳房切除という大きな手術をしたのですから、痛いのは当たり前で、まったく痛くないわけはないし。でも、初めての痛み、しびれに不安がぬぐえません。

今は病院にいるからいいけれど、退院してからが心配です。

そして、退院

手術後4日目の夜もロキソニンを飲み就寝。

手術して5日目、退院の日が来ました。予定通りならば退院ですが、その前に医師の診察があります。

「日にち薬ですからね」

先生はそう言います。時間が経てばよくなりますって。そうなんだけどね。

「リンパ液があまり溜まってくるようなら、注射刺して抜いたりするんだけど、それほどでもないと思いますよ」

注射で刺して抜く?その手術したとこに?おそろしい(;゚Д゚) いいよ、そういうのは。検査が続いた時の痛みがよみがえります。

結局、注射大作戦はしないことになり、経過をみることになりました。無理せずに、でも動かさないと腕が上がらなくなっちゃうから、積極的にお家のことしてくださいね、とのこと。

入院&手術費用

検査も告知も入院も一人で来ましたが、退院も一人です(^-^;。大きな荷物は前日に家族に持って帰ってもらっていたので、大きなトートバッグに身の回りの物を詰めます。

ignatsevichserg / Pixabay

荷物を病室に残し、会計へ。1週間前に入院手続きをした受付に行きます。病院でクレジットカードが使えるのは便利です。




わたしの今回の入院&手術費用は、次の通りです。

入院期間:6日間

総医療費:642,970円

保険給付外:6,224円

食事量療養:4,320円

一部負担金:83,360円

合計:94,404円

こんな感じです。再建する予定もありませんので、左胸切除手術のみしました。やっぱり10万円くらいはかかりますね。

(退院の3か月後、主人の会社の健保が2万円を超えた部分を払い戻してくれました。企業によっては、限度額を超えると医療費が健保負担になったりするので、確認してみてください)

ひさしぶりの我が家

家に帰ると、入院の間こどもたちが帰る時間に留守を守っていてくれた父が、お寿司を買って待っていてくれました。その間、子どもたちの食べたいものをがんばって作ろうとしたけど難しかったこと。アイロンにも挑戦してみたこと。洗濯ものをたたむのはやっぱり好きじゃないということ。子どもたちが何度かママに会いたいと泣いたこと、などなど。

おじいちゃんにもたくさん迷惑をかけてしまいました。年老いた親に面倒をかけて、親不孝者ですが、頼れる人は父しかおらず、甘えてしまいました。80近いのに足腰が元気で、家事も得意な父が誇らしく思えます。わたしが子どもの頃は、家のことなんかなーんにもしなかった人なのにね。人間いくつになっても、成長できるんだと、つくづく感じます。

そんなおじいちゃんも、明日には解放してあげないと。自宅安静、というわけでもないので、食事の支度や洗濯掃除をしながら、リハビリです。

がんばるぞー!

 



-⇒乳がん体験記 入院・手術
-, , , , , ,