⇒乳がん体験記 手術直後~1か月

乳がん体験記㉒病理検査の結果が出た

2017/07/13




タプタプを抜いて

退院して2日目、胸のタプタプを壮絶な処置を経て抜きました。

リンパ液が溜まるとどうなるか&乳がん関連痛くて怖いランキング

いやぁ、怖かったっす…。麻酔せずにやったので、本当に怖かったっす( ;∀;)。

左胸を切除しているときに、神経も一緒に切り取っているから、胸の皮膚は感覚がほとんどなくて、しびれているような感じです。そこを切るので痛くはないのですが、男性の医師二人がかりで、リンパ液やら何やらを小さな切り口からギューギュー絞り出している~!っていう状況が、とーっても怖かったのでした。

で、抜いた後はというと、とっても楽になりました。リンパ液がタプタプに溜まっていたせいで、ただ痛いというよりは、圧迫感のような、重だるいというか、そんな感じが強かったので、それがなくなってすっきりした感じでした。

それでも、タプタプ処置をしたその日は、ショックで興奮してかあまり眠れませんでした。

4日後にまた病院へ

「これで楽になると思うけど、また溜まってくると思うのでまた週明けに来てくださいね」と先生に言われ、土日をはさんでタプタプ処置から4日後にまた病院へ行きました。

診察が始まり、先生がタプタプ具合を確認。この4日でまただいぶ溜まっています。退院直後に比べればどうってことないけれど、とっても気になるし、重痛い感じは続いています。

今回は切る必要はなく、「注射で抜きましょうね~」とのこと。

ベッドに横になると、先生が紙コップと注射器を持って座りました。

刺しますよ~と、針を刺すと、わたしには血液にしか見えない赤黒い液体が注射器~チューブを通って紙コップに入っていきます。最初のうちは割と勢いよく出ていきます。なるべくたくさん抜けるように、先生が胸や脇辺りを抑えたりします。

処置の間、しびれはどうですかとか、おしゃべりしました。前回の処置と違い、余裕ですわ。

結局200ml抜きました。

牛乳瓶一本分ですよー。そんなに溜まってたのね。だるいわけだ。

健康診断

そして、病理検査の結果

この日はまだ手術のときに採ったがん細胞の病理検査の結果が出ました。これで、今後の治療方針が確定します。

先生がコピーしてくれたものは専門用語がずらっと並んでいて、とっても難しい(*´Д`) なので、一つ一つ説明してもらいます。

診断は、

浸潤性乳管がん、乳頭腺管がん、リンパ節転移なし。遠隔転移なし。

ほっ。病理検査で、聞いていた以上の悪い結果はでなかったようです。

HER2陰性、ホルモン陽性

ホルモン療法がよく効くタイプの乳がんです。

切除したため放射線治療の必要なし、抗がん剤投与の必要なし、ホルモン療法のみ

というわけで、わたしのがんサバイバル、今後はホルモン療法のみ行っていくことになりました。ひとまず、ほっとしました。




-⇒乳がん体験記 手術直後~1か月
-, , , , ,