⇒再発・転移しないためにできること

乳がん体験記㉛乳がん検査はマンモとエコーの両方をやる

2017/07/13




乳がんを見つけるために

北斗晶さんがTV復帰されました。同じころ乳がんになっていたので、よかったね、と思います、好きなタレントではないけれど。

乳がんの検査、検診で行う方法、いろいろありますが、マンモとエコーの両方をやったほうがいいよという話です。

これは、とにかくわたしの経験によるもので、マンモだけ2年に1回やって安心していて、気が付いたら2センチのしこりになっていた、という間抜けながん患者だからです(*´Д`)。

わたしの乳がん検診歴

わたしが最初に乳がん検診を受けたのは30代後半に入ったころ、授乳がひと段落したころでした。母が同じくらいの年齢で乳がんになっていて、母は両側乳がんになっているので、自分も乳がんになる可能性は高いだろうという意識はありました。

でも、授乳中だから乳がんなんて~と思っていたので、授乳終了して2年ほどしてから行きました。人間ドックの一部としてやったのですが、そもそもそれも間違いだったかなと思います。

その病院の検診センターでは、マンモグラフィーか超音波、どちらかを選ぶことになっていました。今さら悔やんでも遅いけれど、もしそこでわたしがエコ―を選んでいたら、もっと早くがんが見つかったのかな、なんて思ったりします。

一般的に乳腺が発達しているとマンモグラフィーをやっても、がんが見つけにくいっていいますよね。

乳腺が発達するのはおっぱいがいっぱい働くとき、妊娠中、授乳中などはとくに発達するわけです。

でもね、そのいつからマンモの方がいいのかって、病院では教えてくれなかったんです。自分で選ぶ。知識がなければよくわからないですよね。わたしなんか、授乳終わって何年か経ったし、もうおっぱいしょぼんとしてるからいいかな、マンモの方が小さいがんも見つけてくれるかな、なんて思いました。

でも、実際には、わたしのがんはマンモグラフィーには映らなかったんですよね。

 

健康診断

 

どちらかにしていいの?

わたしのおっぱいは、もう若くないだろう。そう思って、わたしはマンモにしちゃったわけです。

きっと、授乳が終わっていれば、30代のうちは乳腺は発達していると考えた方がいいんじゃないかと思います。だからといって、エコーだけにする?それも間違っているような気がします。だって、石灰化はマンモでしか映らないんだから。

そう考えると、やっぱりマンモとエコーは両方やらないといけないと思うのです。乳がんが増えてくるアラフォー世代、更年期前だけど若くはない(ーー;) そんなお年頃ならば、とくに両方必要だなと思います。

どっちか一つ選べなんて、あの病院を選んだのがいけなかったのか。検診センターなんて、そんなものか。

乳腺クリニックへ行こう!

だからこそ、専門医に検査してもらうことがいいと思うわけであります。

乳腺クリニックはその名の通り、乳腺専門の先生がいるところです。

触診の仕方、エコーの診方も、普通の婦人科の先生とは違ってとっても細かいですし、時間をかけてみてくれます。

乳がん検診は、人間ドックのついでではなく、乳腺クリニックでマンモグラフィーと超音波を受ける

これで、乳がんは早期発見できると思います。

しこりがあると感じたり、痛みがあったり気になるところがあっても、やっぱり婦人科よりも乳腺クリニックで。きっと、安心できますよ。

 




-⇒再発・転移しないためにできること
-, , , , , , , ,